interested penlight

ペンライトに関する情報をお届け

ケミカルペンライトの事故のリスクについて

ケミカルペンライトの事故のリスクについて ケミカルペンライトは、非常に便利で手軽なペンライトです。しかし、内部にはガラスに封入された薬品が使われおり目に入ると危険性があります。
内部で薬品を混合するために、ガラスアンプルが封入されており、ケミカルペンライトを激しく取り扱うと内部が壊れるだけでなく、ガラス片が飛び出して怪我などの事故につながることがあるので注意が必要です。
使用始めに、内部のガラスアンプルを折り曲げて割りますが、強すぎたりするとガラス片が飛び出すことがあるので注意する必要があります。
人によっては手で折り曲げずに、何かの角にぶつけて割るような行為がありますが、内部のガラスが飛び出しやすく非常に危険です。
また、ガラス片が飛び出した際に、内部の薬品が漏れますので注意が必要です。
特に、ケミカルペンライトはコンサートなどで使うことが多く、振ったりして手元から飛び出した時に人に当たる危険性があり、激しく降ることは避けた方が良いでしょう。

ケミカルライトの破損による液体漏れ

ケミカルライトはコンサートなどでよくペンライトとして使用されます。ポリエチレン等の可撓性のある外装内部に、シュウ酸ジフェニルと過酸化水素の一方がガラス製のアンプルに封入されていて、そのアンプルが他方の溶液とともに中に密閉されている構造です。
スティックを折り曲げるて内部のアンプルを割ることで使用するため、外装が破損して液体漏れが起こる危険性は否定できません。
過酸化水素が漏れて目に入ると痛みを感ずる場合があるので、万一目に入った場合には水で洗った上で眼科医に診察を受けたほうがよいでしょう。
またシュウ酸ジフェニルが過酸化水素で酸化されると、分解して薬傷を引き起こす劇物のフェノールが発生します。
ペンライトは振って使用するのが普通であり、いわゆるオタ芸では動きも激しいので別の人がもつペンライトとぶつかって破損したり、手から抜け飛んで破損して液漏れするおそれなど、液漏れに至る状況は色々考えられます。
そこで最近ではケミカルライトに換わり、液漏れの危険性がないLEDを使用したライトが普及しつつあります。


Copy righht(c)2016.interested penlight All rights reserved.