interested penlight

ペンライトに関する情報をお届け

ペンライトの発光具合、規制

ペンライトの発光具合、規制 今やアイドルのコンサートで見ないことはないぐらい、よく使われているペンライト。
会場で販売されている公式のものを使用している人もいれば、他のグループのファンも掛け持ちしている場合は1本で複数色光らせられるものを使用している人、様々な人がいます。
公式のものは、ロゴが入っていたり、そのツアー名が記載されていたりで、そのツアーでないと、購入できないものが多く、希少価値があるため人気が高いです。
熱心な人では、ツアーごとに必ず購入する、というひともいるほどです。
ペンライトの種類はこのように様々ですが、色の出方や、発光の強度も異なります。
アイドルに見て欲しい、ファンサービスをして欲しい、といった自己顕示欲の強いファンも少なくないですから、発光の強いライトを使用する人もおおいです。
しかし、あまりにも発光が強く、また一人で何本も使用すると周囲の迷惑になることもあり、アイドルグループによっては特定のペンライトの種類を使用禁止としているところもあるので、きちんと調べてからのぞみましょう。

会場のペンライトが単色になるとき

今や、アイドルのコンサートなどでペンライトを振るのは当たり前の光景となっています。
アイドルだとメンバーカラーが決まっていますから、それにあわせて、好きなメンバーのイメージカラーを振ります。
アイドルによっては、会場でオリジナルのペンライトを販売している場合もあり、ファンによっては市販のものではなく公式のグッズでないと、という人も少なくありません。
アイドルのユニットのコンサート会場では基本的に、複数色の色が光っています。
しかし、会場のライトの色が単色になるときがあるのです。それは、特定のアイドルの誕生日や凱旋、卒業時などです。
この起源は約10年前、モーニング娘。のコンサートだといわれています。
最近では当たり前のように行われていますが、その多くの場合、特定のメンバーのファンが企画してネット上などでお知らせし、単色になるように他のファンへも協力をあおぎます。
小さなイベントや、熱心なファンの場合は単色にしたいペンライトを配布するところもあります。


Copy righht(c)2016.interested penlight All rights reserved.