interested penlight

ペンライトに関する情報をお届け

ペンライトの電池は充電式がお勧めな理由

ペンライトの電池は充電式がお勧めな理由 災害時やコンサート、レジャーなど、多様な目的で使われるのが懐中電灯、もっというとペンライトです。
ペンライトは大きさも大小さまざま、LEDのものや単色か複数の色にライトが変化するなど多種多様なものがあります。
しかしながら電池は単一電池やボタン式電池を使うものがあり、家庭に予備がないこともありますし、出先で急に切れてしまうと入れ替えがすぐにできないこともあります。
そのような理由から、ペンライトの電池は充電式タイプのものを選んだ方がよいといえるでしょう。
また充電式の電池のものの方が経済的とも言われています。
コンセントに差し込むタイプのライトは、照らす範囲は限定的なものの、一か月あたり約10円しかかからないものもあるのです。
持ち運びをするタイプは充電式のものを探すと大きさや形が絞られてきますが、耐久性もそこそこあり、ひとつひとつ電池を入れ替えるタイプと比べてもこちらの方がよいといえるのではないでしょうか。

ペンライトの発行時間について

ペンライトを使用していて気になる事がいくつかあると思いますが、そのなかでも発行時間はどれくらいなのかという部分は多いでしょう。
ペンライトの種類によって、どれくらいの時間光り続けるのかは違ってきます。
いわゆるサイリウムと呼ばれる商品は非常に安価で使い捨てになるのですが、ペンライトとは違います。
ペンライトは電池交換をすれば何回でも使用でき明るさが一定であり、好きなタイミングで点灯と消灯が可能となります。
最近では単色ではなく色が何種類も変えられたり、太いものがあったりと種類が多く、電池の消耗も激しくなっています。
そういった状況での時間ですが、ライブでは乾電池式が禁止になっている事が多々ありボタン電池式が主流です。
色がカラフルなものであれば連続点灯時間が2時間前後、ライトが1色のものであれば8時間から10時間ぐらいのものが多いです。
もちろんこの数字は連続点灯時間ですので、使わない時に消灯していればもう少し長くもたせる事が可能です。


Copy righht(c)2016.interested penlight All rights reserved.