interested penlight

ペンライトに関する情報をお届け

改造ペンライトの禁止について

改造ペンライトの禁止について 近年のアイドルブームで、コンサート会場などでペンライト目撃する機会が多くなりました。
その多くがサイリウムという薬剤が入ったケミカルライトです。
このケミカルライトは、サイリウムが化学反応を起こすことにより光を起こします。
実は、ケミカルライトのようなペンライトは、改造されやすいのです。
簡単に言えば、改造車があります。
これは、正規の車の部分を自分仕様に変更する行為のことをいいます。
当然の事ながら法律に引っかかる可能性があります。
これはペンライトについても同じことです。
法律に引っかかるということはないにしろ、化学反応を起こした液体が、他人の顔にかかるなどしたら、怪我を負わせてしまいます。
特に改造されたものは、ライトが破損して液体が漏れた時には大変なことになります。
だからこそ、コンサートならびにイベント会場に持ち込むことが禁止されているのです。
どうしても楽しみたいときは、オフィシャルグッズか正規のものを購入するのが望ましいです。

ペンライトの長さの規制について

ペンライトには、長めのものも短めのものも両方ありますが、極端に長いものについとは、規制があります。
長さに関する規制というものです。
例えば、アイドルグループのコンサートの場合は、20センチまでという制限があります。
初心者がペンライトを購入するときに店員さんから言われるのは、コンサートなどで利用する適当な長さは大体、20センチから25センチまでが一般的であるとされています。
長さに関するレギュレーションは、コンサートやイベントごとに指定がありますから、その都度確認するのが望ましいです。
考えられる理由は、まず一般の観客に怪我をさせないこと、次に出待ちなどのシーンでアイドルを傷つけないためとされています。
コンサート会場のように密接な場所では、細心の注意を払って、使用することにより、有意義に楽しいコンサートの時間を過ごすことができます。
安全に利用すれば何の問題もなく利用することができます。
ルールを守ることが大切です。


Copy righht(c)2016.interested penlight All rights reserved.