interested penlight

ペンライトに関する情報をお届け

ペンライトのおすすめの保存方法

ペンライトのおすすめの保存方法 ペンライトはペンの形をした懐中電灯です。
小型で持ち運びにも便利なため、機械設備や医療分野などにも使用されています。
また、ペンライトには化学発光を起こすケミカルライトも含まれます。
夜間の自動車トラブルや災害時に居場所を知らせる目的として、またコンサート会場での空間演出として使用されています。
誰でも簡単に手に入れることができますが、取り扱いには十分注意が必要です。
なぜなら、中の液体を使用時に目に入れてしまったり口に含んでしまったりすると一時的な痛みを伴う可能性があるからです。
そのため、誤って折ってしまうことがないようにきちんと保存しておく必要があります。
空き箱に入れておくという保存方法もありますが、立てて収納しておきたい場合にはペン立てもおすすめです。
ペン立てに入れておけば誤って折ってしまう可能性も低く、見た目もすっきりするので収納に最適です。
100均にも売られており、お金をかけずに収納できるのがメリットです。

ペンライト使用の際は周りの人に注意しよう

ペンライトはコンサートで声援を送る場合や、セミナー等で講師を務める場合に使用ができる非常に便利なものです。
使用方法を誤ると事故やトラブルに発展することになります。
注意をしてペンライトを使用しなければなりません。
注意するポイントを2つ考えてみましょう。
1、人に向かって光をあてない
2、光を長時間見つめない
それぞれ具体的に考えていきます。
1、光の中心は高温になっています。
軽く皮膚にあたる程度であればやけどをする心配はありません。
人に向かって光を当ててしまうと、最悪の場合で失明することもあります。
使用する場合には照らす先に人がいないか周りを注意深く観察する必要があります。
2、光は赤外線などの目にはよくないものが含まれています。
セミナー等で使用する場合には長時間使用することを避けると共に、光を凝視しないように注意を促す必要もあります。
また長時間使用をするとペンライト本体が発熱をしてしまうことがあります。


Copy righht(c)2016.interested penlight All rights reserved.